スイングトレードやるときの移動平均線の設定は銘柄によって違います

移動平均線の期間設定の仕方は?

こうした悩みを解決します。

移動平均線の設定は3つ

短期、中期、長期の3つに分けて設定している人が多いです。

スイングやるときは短期で方向を見て、中期・長期でトレンドの変わり目を意識します。

短期

トレンドの流れを見るときに使います。

5~25で設定します(目安)。

ほとんどの人が設定しているであろう期間は5。

あと20、25が人気あると思います。だいたい本で紹介されるのもこの数字。

中期

トレンドの変わり目として意識されるところになります。

50~75で設定します(目安)。

25の崩れの次に50が比較的多く意識されていると思います。

長期

大きなトレンド確認に使用されます。

100~300で設定します(目安)。

私はあまり長期の移動平均線の恩恵にあったことがないです。

短期トレードなら「5・25・50」が基本

だいたいどの銘柄も5・25・50の設定で合うような気がします。

ただこれは絶対ではなく、銘柄によって意識される期間が変わるので、1銘柄ずつトレード前に確認しておいたほうがよいでしょう。

モバイルポップオーバー
WEB上でできるチャート練習アプリ作ってみました、よければ遊んでみてください!
チャート練習アプリを作ってみた!(Ver 0.1)
売買技術
ファイナンス立プロ
タイトルとURLをコピーしました